2017年12月04日更新

インフルエンザの薬の通信販売による広まり

インフルエンザは高熱や筋肉痛、関節痛といった痛み、下痢や嘔吐などの消化器症状などの様々な症状が生じることから誰もが恐れる感染症の一つです。冬になると各地で流行が起こるため、その感染の広まり方についての情報発信がよく行われます。予防や治療についての関心が高く、古くから予防接種が行われてきていましたが、その治療については有効な治療薬が登場したのは近年になってからのことです。
ノイラミニダーゼ阻害薬に分類される治療薬がいくつか開発されたことにより、インフルエンザ治療の道が開けました。インフルエンザに感染して高熱が出てきてから48時間以内に使用を始めると、熱が下がるまでの期間が1日から2日程度短くできるというのが期待される治療効果であり、高熱に苦しむ期間がそれだけ短くなると思うと多くの人が手に入れることを望むものになっています。
通販を利用する女性治療に用いる場合には薬局で販売されている薬ではないため医師にかかることが必要になりますが、保険適用がなされるため比較的安価に手に入れることが可能です。一方ノイラミニダーゼ阻害薬がインフルエンザの予防に対しても有効性が高いことが知られるようになると、その予防投与も行われるようになりました。しかし、医療従事者や家族に患者がいる人といった特殊なケースでしか保険適用がなされないのが実情となっています。そのため、通信販売によって入手して使用する人も見受けられるようになってきています。個人輸入代行を行う業者を利用して通信販売で手に入れれば、保険適用はないものの大量購入も可能になるため、治療や予防のために自分で在庫を確保しておくということができるのです。そういった自由な考え方が広まってきているのが現状となっています。